「CHROMO」の新機能として相談サービスをリリース

「CHROMO」の相談機能を利用することにより、利用者が困った時にチャットまたは電話で相談を希望していることを自治体の担当部署に伝えることができます。相談することのハードルを下げるため、相談は匿名が前提となっています。利用者から相談が届いた後は、自治体側が相談内容に応じて担当者を割り当て、利用者の希望に応じてチャットまたは電話にて相談にのることで不安や困ったことを解消することを目指します。

CHROMOをもっと知るには

具体的な費用感やデモ画面の体験は
お気軽にお問い合わせください。