「変えたい」 を
CHROMOで 「変えよう」

これまで一方的だった自治体と住民の関係性を変え
双方向のコミュニケーションを可能にすることで
地域コミュニティを活性化させます。

PROBLEM

自治体職員のみなさま,
こんな課題抱えていませんか?

  • 1
    PROBLEM 1

    行政改革で人員は減ったが
    住民要望は増え業務負担が大きい

    電話やメール、窓口対応など、地域住民から問合せは増えているが、自治体職員が人員不足のため一人ひとりの業務負担が大きい
  • 2
    PROBLEM 2

    多様化する地域住民の
    ニーズに対応できていない

    共働き世帯の増加など、ライフスタイルや価値観の多様化が進んでいるが、地域住民の課題やニーズを把握する機会が不足している
  • 3
    PROBLEM 3

    個人情報漏洩や緊急時の
    システムトラブルに不安を感じる

    世間で情報漏洩事件が頻発し、地域住民の個人情報保護に対する意識が高まるなか、セキュリティ面や緊急時の正確な情報発信に不安がある
ABOUT

CHROMOとは

自治体と住民をつなぎ、
スムーズな双方向コミュニケーションを実現する
「新たなコミュニケーションサービス」 です。

CHROMOでは、自治体職員と地域住民による双方向のコミュニケーションを実現します。両者のスムーズで活発なコミュニケーションによって、住民への情報発信はもとより、住民側の課題やニーズを汲み取ることも可能になります。

また、これまでの一方向的な情報発信をCHROMOでデジタル化することにより作業工数とコストを削減し、日々の業務効率化を推進します。さらに、各部署で分担していた地域住民への情報発信を一元管理することもできます。

BEFORE

情報発信を各部署が分担。一方通行な地域住民とのコミュニケーションになりやすく住民側の課題やニーズを受け取りづらい。

AFTER

情報発信をCHROMOの一元管理で効率化。自治体職員と地域住民による双方向のコミュニケーションで「地域コミュニティ活性化」へ。

SOLUTION

CHROMOを活用すると…

  • 双方向のコミュニケーションで地域住民との新たな関係性を
    SOLUTION 1

    双方向のコミュニケーションで
    地域住民との新たな関係性を

    CHROMOは、自治体職員と地域住民による双方向のコミュニケーションを可能にします。両者の円滑できめ細かなコミュニケーションによって、多様化する課題やニーズを的確に把握し、住民とのより良い関係を築き上げ、新たなサービスの創出につなげます。

  • 情報発信のデジタル化で業務効率化を実現
    SOLUTION 2

    情報発信のデジタル化で
    業務効率化を実現

    負担の大きい郵送や電話、メールなどの情報発信をCHROMOによってデジタル化することで、業務対応工数やコストを削減し、職員一人ひとりの業務負担を軽減します。また、部署ごとにバラバラな情報発信についてもCHROMOで一元管理することが可能です。

  • 堅牢なセキュリティ体制による個人情報の保護と迅速な情報配信
    SOLUTION 3

    堅牢なセキュリティ体制による
    個人情報の保護と迅速な情報配信

    個人情報は厳重なセキュリティで保護されているうえ、登録した本人しか閲覧できないため自治体側での管理も不要となります。さらに、突発的なアクセス集中にも耐える専有のシステム領域を確保しているため、緊急時にも迅速に情報を発信することができます。

SERVICE

あなたに合わせた
サービスはこちら

より密接な双方向コミュニケーションを実現するために、
CHROMOは大きく7つのサービス分野にカテゴライズされています。
各部署のみなさまの業務内容に合わせて導入をご検討いただけます。

NEWS

お知らせ

CHROMOをもっと知るには

具体的な費用感やデモ画面の体験は
お気軽にお問い合わせください。